切手の相場の買取価格を知るには

切手ブームは昭和40年代から昭和50年代以降に多くのブームを起こしましたが、今では当時ほどの流行はなくなってしまい、買取相場は当時ほど高くはないです。あと数十年売らずに大事に持っていたとしても、今後切手の価値が上がることはほぼないと言われているので、今のうちに売ってしまうのがいいです。

切手の種類によって、買取の相場は変わってきます。切手の種類は5種類に分けられます。通常切手・記念切手・中国切手・外国切手・軍事切手です。どれも原形を維持していれば、買取サイトでは買い取ってもらえます。ちなみに通常切手の相場は高く、状態が良ければ額面の80%に近い価格で買い取ってもらえます。

しかし買取の相場はサイトによって違います。適正価格を付けてくれない鑑定能力がない業者も非常に増えています。それらの業者をしっかりと見極めることなどが大事になってきます。そのためサイトの口コミなどをしっかりと見て判断をするなどしたほうがいいです。

ほかに判断する方法はまずは額面の価格をしっかりと把握することです。そして額面の価格と買取価格と大きな差がないかなどを確かめることが大事です。大きな差がある場合は買取を断ることにしたほうがいいです。

切手シートが高額買取される理由は?

切手の種類によっては高額で買取されるものもあります。買取金額は切手の発行年度やデザイン、発行枚数などで判断されます。しかし、それだけではなく切手の保存状態、シート状態かバラ状態かなども買取価格に大きな影響を与えるようです。

基本的に同じ切手ならバラよりシート状態の方が買取価格は高くなります。なぜ、シートの方が高くなるのでしょうか。それはシートの方が保存状態が良いと判断されるからです。シートは切手が個別に切り離されず、数枚から数百枚の繋がった状態で構成されています。切手が切り離されていないとうことは、切手の周囲にあるギザギザ(目打ち)がキレイな状態で残る訳です。切手の保存状態を判断する上では目打ちがキレイかどうかが、1つの判断材料なるそうです。バラでも目打ちがキレイな状態で残っている可能性もありますが、シートなら確実にキレイに残るので買取価格も高くなります。また、単純にコレクターからはバラよりシートでの購入需要が多いため、買取価格も高くなります。

シートの枚数は普通切手なら100枚綴りから、記念切手なら10枚綴りからあるようです。記念ものは将来価値が上がるかもしれませんし、10枚綴りを1シート購入しておくのも良いかもしれません。
http://matome.naver.jp/odai/2145819785584388601/2145820026387423403

絵柄の中国切手を買取ってもらうには?

最近は中国経済の成長に富裕層が、コレクションや投資のために中国切手を買い集めていて、希少価値のある切手は高く売られています。特に絵柄の中では、赤猿などの動物シリーズや毛沢東や天安門などの文化や芸術のシリーズが人気を集めています。

赤猿は別名子ザルと呼ばれていて、中国初の年賀切手です。猿がデザインされているのは当時の干支からで、発行数も少ないためプレミアが付くので高価買取されます。発行数が少ない絵柄の物には他にオオパンダがあり、中国の画家の呉作人が描いたパンダが元になっています。絵柄が可愛いので人気があるため、中国切手の中でも高価買取をしてもらえる一つです。

中国切手の中で文化シリーズはコレクターの間では人気があるが、シリーズ全てが揃っている事が少ないので貴重な品です。またこの時代は中国切手を中国国外に持ち出す事が禁止されていたので、日本には流通が少なかったため希少性が高く貴重な事から、高価買取してもらえます。毛沢東の中では毛主席の最新指示5種完が、シリーズの中で価値が高いものです。絵柄が一枚ずつに毛主席の肖像画と文字を組み合わせたデザインなので、メッゼージカードのようなデザインが特徴的です。このため買取が価格が高くなる事があります。
http://xn--fiq48av6c69bi9ffnvjzjtr7e.jp/

レアな記念切手の買取について

レアな記念切手収集という趣味には実益があります。メリットがあるのです。まず、無駄にならない、ということがあります。収集系の趣味、というのは、その人以外にはまったく価値がない、ということもあります。別に悪いわけではないのですが、ビールの缶とかキャップとかそうしたものです。それはそれでよいのですが、特に役に立つこともないです。また、家庭があるのであれば、理解を得ることが非常に難しいです。しかし、切手ならば、金銭的な価値がありますから、いざというときに売ることもできます。ですから、集めることは決して無駄になることはないのです。レアな記念切手であっても、キチンとしたところで売れば、買ったときより高くなることは滅多にないですが、それでも売れます。買取をしてくれるところがあるわけです。買取は古物商や切手商などがやっています。レアな記念切手は高く売れることも多くあります。

レアな記念切手は買取をしてもらうことができる、というのが大きなメリットであるといえます。もろちん、そんなことを期待しないで普通に集めることを楽しむことがまずはよいことです。収集することは人間というのは、とても好きなのです。

そして、切手というのは、大きくも重くもないですから、安心して集めることができます。スペースをとらない、ということはかなりのメリットであり、だからこそ、多くの人がやっているわけです。買取されるということは価値も世界的に認められているわけです。
http://xn--lbrx7b6zunkcr73fekd.com

日本初の記念切手「明治銀婚記念」プレミア価格で買取

「明治銀婚記念」切手は、日本で最初に発行された記念切手です。日本初の記念切手というだけあり、プレミア価格で買取してもらえます。切手には2銭切手と5銭切手の二種類があり、2銭切手は赤色の単色印刷、5銭切手は青色の単色印刷となっています。日本初ということでかなり話題となり、発行部数は2銭切手は1,480万枚、5銭切手は100万枚が発行されました。

日本初となる記念切手は、時事新報に、明治天皇の銀婚式を祝う記念切手を発行してはどうかという投書が掲載されたことと、その反響の大きさから、当時内閣総理大臣だった伊藤博文が発行を決め、わずか23日間で発行されました。急遽発行されたにもかかわらず、雄雌の鶴と菊花紋章があしらわれた見事なデザインから、今もなお根強い人気があります。

昭和30年以前の記念切手には買取価格にプレミアがつくことがよくありますが、「明治銀婚記念」切手は日本初の記念切手であるため、特に高額で取引されています。どちらも高く買取されますが、発行部数の少ない5銭切手のほうがより高く買取ってもらえるようです。

ヒンジ跡やシミが付いているものは買取価格が安くなってしいますが、それでも切手自体の価値が高く、高額で買取ってもらえる場合が多いです。
http://xn--lbrx7b6zunkcr73fekd.jp/

プレミアの中国切手は高価買取を実現

プレミアの中国切手は、大変珍しい切手になるのでその分高い金額で買取する事ができる可能性を秘めています。中国という国は、古い歴史を持っている国になる為、想像を遥かに超える切手の数が存在しています。そこでプレミアの中国切手を運よく手に入れる事ができた場合には、他の切手とは違って、高価買取を行える可能性が生まれます。

素晴らしい価値を秘めているプレミアの中国切手も存在しており、積極的に買取を行っている事も業者側としては少なくありません。素晴らしいプレミア中国切手を持っていて、手放す事を決めている場合には高価買取ができるので、業者選ぶがとても重要です。

同じプレミア中国切手を買取してくれる業者でも、買取額に大きな違いが発生しているからです。少しでも納得できる買取額で取引を行える業者を選択する事で、安心して取引を行えます。

極力損を防いで得をする事ができるように環境を整える事が必要になってきます。そこでプレミア中国切手によって、相場が違っているので調べないといけません。多くの業者に査定してもらったり、インターネットで調べる事によって簡単にプレミア中国切手の買取相場を把握する事ができるので、重要な情報になります。
赤猿